寺田痛みのクリニック 静岡県浜松市のペインクリニック
寺田痛みのクリニック
 
 
   
 
トップページ
院長ご挨拶
痛みとは
ペインクリニックの治療
神経ブロックとは
疾患別情報
診療料金
スタッフ紹介
スタッフブログ
診療案内と地図

tel 053-476-1115

寺田痛みのクリニック
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉1-24-1
午前 8:30〜11:30
午後 14:00〜17:00
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

ペインクリニックの治療

痛みをなくして自然治癒力を高める

「痛みの悪循環」を断ち切れば自然治癒力が高まる
基本的な考え方は、「痛みの悪循環」を断ち切り、悪い部分の血液の流れを積極的に増やし生命の持つ自然治癒力を強くすることです。
肩が凝って痛いときにそこを温めてやると楽になります。それは温めることで血液の循環が良くなり、「痛みの悪循環」が断ち切られるからです。
これが痛みの治療です。この「痛みの悪循環」を断ち切れば、身体の自然治癒力が高まり、自然と良くなろうとしていくのです。

ペインクリニックは神経ブロックによって「痛みの悪循環」を断ち切る
ペインクリニックでは病気の治療に神経ブロックという局所麻酔の方法をおもに使います。神経ブロックは知覚神経を局所麻酔薬で遮断(ブロック)したり、交感神経を一時的に麻酔したりして「痛みの悪循環」を断ち切り、悪い部分の血液の流れを積極的に増やし生命の持つ自然治癒力を強くします。
また、星状神経節ブロックは脳の視床下部に働きかけ、自律神経系や内分泌系のゆがみをなおし、免疫系の機能を高めることが注目されています。
詳しい神経ブロックの説明はこちらから


痛んでいるのは神経です 細かく正確に診断しピンポイントで痛みを治療

一般的な電気治療の治療範囲   ペインクリニックの治療範囲
日常的に行われている電気治療は、痛んでいる神経ではなく周りの筋肉を助けることによって、痛みを軽減させます。治療部位が間接的のため、効能が薄くなってしまう場合があります。   痛みの原因は神経。ペインクリニックではどこの神経が痛んでいるのかを、細かく正確に診断し、ピンポイントでその神経を助けるため、効果的に治療を行うことができます。

 

寺田痛みのクリニックは神経ブロックを中心に リハビリと心のケアを組み合わせた治療です

組み合わせた治療によって痛みを効果的に改善
寺田痛みのクリニックでは、痛みを緩和する「神経ブロック」と、機能回復を目指す「リハビリテーション(理学療法)」を組み合わせて痛みの治療を行います。薬物療法では西洋医学から東洋医学まですべての手段を駆使して治療を行います。痛みのためにリハビリテーションが進まなくなることがありますが、神経ブロック治療で痛みを和らげて、リハビリテーションを一段と効果的に進めることが可能になります。さらに、痛みで落ち込んでしまった心のケアや投薬治療も行います。このように複合的な治療を行うことにより、単独では治りにくかった痛みがより効果的に改善していきます。

神経ブロック
ビデオカメラがついたレントゲンで映像を見ながら、痛んでいる神経にピンポイントで治療を行います。当院では患者様に安全に安心して治療を受けていただくため、高度な技術と医療設備によって治療を行います。
 
   
 

神経ブロックで痛みをとった後に、リハビリテーションを行うことで、効果的に機能の回復を進めます。座ったまま無理なく牽引ができる機器や、「刺さない針治療」をコンセプトに開発された低周波通電機器や光線治療器などを導入しています。
  心のケア
病は気から。長い間痛みを耐え、沈みがちになった心をケアします。気持ちが楽になると、自然治癒力も高まります。また治療方針や治療方法をきっちり説明し、インフォームド・ コンセントに努めます。




Q.どんな人の治療ができますか?

今まで「痛みは我慢するもの」と考えられてきましたが、人生の質を考えたとき「痛みは積極的に治療するべきもの」という考えが強くなってきました。そのようなニーズに答えるべく、外科や内科の壁を越えて、痛みを総合的に診断し治療にあたるのがペインクリニックの使命です。寺田痛みのクリニックは様々な痛みをいろいろな方法で治療する痛みの専門クリニックです。

こんな症状の方は、お気軽にご来院下さい。

腰痛(腰が重い・腰が痛い) 腰椎椎間板ヘルニア 
腰部脊椎管狭窄症 腰椎圧迫骨折 スポーツ障害 臀部痛
膝・足 しばらく歩くと足が痛む 歩くと足が重くなる 階段の上下がつらい
足がしびれる 足が痛い 膝が痛い 変型性膝関節痛 
肩の痛み 肩コリ 五十肩 肩が上がらない 肩関節周囲炎
手・腕 肘が痛い 手が痛い 手に力が入らない
胸・背中 背中が痛い 肋骨が痛い
首の痛みやコリ 首の後ろが痛い 頚椎症 頚椎椎間板ヘルニア
顔・頭 頭痛 顔面痛 顔の痛み(三叉神経痛) 顔の麻痺(顔面神経麻痺)
顔のけいれん 目のまわりのけいれん(眼瞼痙攣) 
目の痛み 目の奥が痛み 舌の痛み 突発性難聴
その他 帯状疱疹神経痛 術後遷延する創部痛 癌性疼痛





Copyright (C) Terada Pain Clinic. All Rights Reserved. ▲このページの上へ